日光リアルター > 株式会社日光リアルターのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却にピッタリなタイミングや時期はあるのか

不動産売却にピッタリなタイミングや時期はあるのか

≪ 前へ|古家の取り壊し!解体費用や助成金について徹底解説   記事一覧   不動産売却の一般媒介と専任媒介とは?メリットを生かした契約をしよう|次へ ≫

不動産売却にピッタリなタイミングや時期はあるのか

中古住宅を売るための時期やタイミングを知りたい人も多いのではないでしょうか。

 

不動産売却において時期やタイミングは重要であり、売る価格に大きく関わってきます。

 

そこで今回は、不動産売却のタイミングについて説明いたします。


不動産売却のタイミング

 

不動産売却のタイミング①季節


中古住宅を売る場合は季節が大切です。

 

日本では4月には新入社員や入学により地方から上京する人も増加します。

 

また、春という暖かい季節は何かを始めるのにぴったりですので、中古住宅を売るのに向いています。

 

なぜなら、購入したい人が増えるということはそれだけ売れることを意味するからです。

 

また、9月の秋の季節も引っ越しの時期と言われており、たくさんの人々が引っ越しをします。

 

4月と9月が不動産売却に適した時期だと覚えておきましょう。

 

他の季節より高値で売れますし購入を求める人も増えますので、購入されるまで待つストレスを減少させることにも直結します。

 

不動産売却のタイミング②築年数


つぎに築年数から売却のタイミングをみてみます。

 

やはり築年数が短いほうが売れやすい傾向があるようです。

 

最近は地震で倒壊するリスクも問題視されているため、なるべく築年数が新しい物件を探す人も多いです。

 

11年から15年目までは緩やかに減額していきますが、15年以上になると急に減額されるため、15年以内に売却することが望ましいでしょう。

 

もし15年以上の築年数ならば30年目までは一定の減額になりますので、1年でもはやく売ることを意識したほうがいいです。


不動産売却のタイミング③修繕履歴・税制


もちろん、修繕履歴や税制も重要です。

 

修繕した後は、履歴を残しておくことで、物件の価格を落とさずに売却することができます。

 

購入する人の中には、修繕するための費用がかかるのではと考えている人も少なくありません。

 

修繕した直後だと分かれば、次の修繕まではある程度の月日がかかることが分かり、懸念が少なくなるでしょう。

 

また、税制については所有してから5年以下と5年以上だと、税金が大幅に変わってきます。

 

そのため、不動産売却するなら5年間経った後がおすすめです。

 

それだけでなく、市場がよいときは銀行からお金をかりやすくなるため、不動産購入者が増加する傾向があります。

 

不動産売却を考えるのでしたら、市場にも注目しておくといいかもしれません。

 

まとめ


不動産売却のタイミングや時期についてご紹介しました。

 

なかなか季節や税制、築年数などすべてを見計らって売却することは難しいと思いますが、不動産の知識を蓄えておくことで損はありません。

 

また、満足のいく価格で売却することができるでしょう。

 

株式会社日光リアルターでは、不動産売却の査定も行っておりますので、是非お問い合わせください。

≪ 前へ|古家の取り壊し!解体費用や助成金について徹底解説   記事一覧   不動産売却の一般媒介と専任媒介とは?メリットを生かした契約をしよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却査定
  • 日光リアルターの売却・買取
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社日光リアルター
    • 〒553-0003
    • 大阪府大阪市福島区福島5丁目15-2
      Yoshikawa.Bild 804
    • 0120-544-443
    • TEL/06-4256-5255
    • FAX/06-4256-5256
    • 大阪府知事 (1) 第61091号
      あいおいニッセイ損害保険代理店
  • 更新物件情報

    2020-08-09
    港晴4丁目新築戸建の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る