日光リアルター > 株式会社日光リアルターのスタッフブログ記事一覧 > 古家の取り壊し!解体費用や助成金について徹底解説

古家の取り壊し!解体費用や助成金について徹底解説

≪ 前へ|固定資産税だけじゃない?空き家に課せられる税金とは   記事一覧   不動産売却にピッタリなタイミングや時期はあるのか|次へ ≫

古家の取り壊し!解体費用や助成金について徹底解説

古家が付いている土地が売却されていることがあります。

 

古家の解体が面倒だから購入しないという方もいらっしゃるかもしれませんが、その地域のよっては助成金がもらえるケースがありますので、選択肢として知っておくと役立つはずです。

 

今回は古家について徹底解説していきます。

 

ぜひ、不動産の知識の一部として参考にしていただければと思います。


古家の解体

 

古家の解体!古家付きで土地が売られている理由


古家付きで土地が売られている理由は建物に価値がないと判断されたからです。

 

建物が老朽化すると購入する人がいないために古家付きになっています。

 

また、他の理由では土地が売れるまでその家に住んでいることも考えられます。

 

土地が売却されるまでは資金が入りませんので、資金が入ってから移住したいと考える人も少なくありません。

 

古家の解体費用や助成金


古家付きで土地を購入すると古屋を解体して新しい家を建てるのが一般的です。

 

古家の取り壊し解体費用は依頼する業者やその土地によって変わることがありますが、一般的には3万円から7万円と言われています。

 

木造ではなくコンクリートだとさらに高い値段になりますので確認しておきましょう。

 

古家を解体すると助成金がもらえる場合もあります。

 

ただ、国が主題ではなく地方自治体が行っているため金額が地域により異なることや、解体する古家の状況にもよります。

 

たとえば、倒壊するリスクが有る、個人の所有する古家など、条件に当てはまっていることが必要です。

 

古家の解体前に知っておきたいこと


古家の解体前に建物を立てる場合は容積率と建ぺい率という2つの規則を理解しておく必要があります。

 

範囲内で建てなければいけないために理想の新居となるか確認してから、土地を購入して新居を建てましょう。

 

また、古家付きの土地を購入するときは建物の確認はもちろんのこと、庭の状況を確認するのも忘れないようにしましょう。

 

場合によっては根を除去する作業が必要になるからです。

 

まとめ


古家や解体についてご紹介しましたが、いかがでしょうか。

 

土地を購入して解体作業が必要になる場合は、理想の新居が建てられるかを確認し価格を予想しましょう。

 

地域によっては助成金がもらえたり、支援金がもらえたり、お金の面でお得になることだってあります。

 

普通の中古住宅を購入するより新居を欲しい人にとっては古家付きの土地がおすすめです。

 

業者によって解体費用が異なってくるため、慎重に検討してください。

 

株式会社日光リアルターではさまざまな土地情報を扱っております。

 

土地購入をお考えなら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

≪ 前へ|固定資産税だけじゃない?空き家に課せられる税金とは   記事一覧   不動産売却にピッタリなタイミングや時期はあるのか|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却査定
  • 日光リアルターの売却・買取
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社日光リアルター
    • 〒553-0003
    • 大阪府大阪市福島区福島5丁目15-2
      Yoshikawa.Bild 804
    • 0120-544-443
    • TEL/06-4256-5255
    • FAX/06-4256-5256
    • 大阪府知事 (1) 第61091号
      あいおいニッセイ損害保険代理店
  • 更新物件情報

    2020-08-09
    港晴4丁目新築戸建の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る