日光リアルター > 株式会社日光リアルターのスタッフブログ記事一覧 > 新築戸建ては角地に建てるべき?メリットを解説

新築戸建ては角地に建てるべき?メリットを解説

≪ 前へ|夢のマイホームを実現させるためのこだわりポイントや注意点とは?   記事一覧   狭小住宅でも後悔しない!狭小住宅の間取り例を把握しておこう|次へ ≫

新築戸建ては角地に建てるべき?メリットを解説

カテゴリ:不動産ノウハウ

新築戸建ては角地に建てるべき?メリットを解説

住宅選び、土地選びにおいては、南東側の角地が非常に人気です。
売り地の競争率も高く、魅力に感じる人が多いのですが、どのような理由から人気があるのか、詳しく知りたいという方も多いでしょう。
今回は、家を建てる際に知っておきたい注意点も含め、角地に戸建てを建てる際のメリット・デメリットを解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

戸建ては角地がおすすめ!メリット・デメリットを解説

角地に戸建てを建てるメリット


●日当たり・風通しが良い
角地は2方向以上の道路に面することから、両隣に家が建つということがほとんどありません。
そのため、風通しがよく、日の光が家の中に入りやすいので、大きな魅力になるでしょう。

●設計の自由度が高い
両隣に建物がある家では、道路に面する場所に玄関が配置されることが多いですが、道路に面する部分が多いので、玄関や駐車場の設計に少し自由が利きます。

●間取りの自由度が高い
日光を取り込む面が大きいので、南側に居室を設けるなど、一般的な住居に比べて間取りの自由度が高いことも魅力の1つでしょう。

●資産価値が高くなりやすい
上記の理由から、土地として人気が高く、購入を希望する方も多いため、同じ面積の戸建てと比べても、売買価格が高くなります。
将来売却を検討している場合でも、人気があるため、資産価値が下がりにくいことも魅力です。

角地に戸建てを建てるデメリット


●夏場の暑さ対策が必要になる
開放的で日当たりのよさを魅力として挙げましたが、夏場は強い日差しが差し込みやすいので、暑さ対策が必要になるでしょう。

●外構工事費用が高くなる可能性がある
2方向の道路に面しているので、防犯性は高いですが、外から中が見えやすく人目につきやすいことから、外観の設計には配慮が必要になります。
敷地の周囲に塀やフェンスを設けることが対策になりますが、工事費用が高くなることには注意です。

角地に戸建てを建てることはメリットだけではない?注意点を解説


●車に関する注意点
2方向以上の道路に面している場合、人通りや車の通りが多く、駐車スペースへの駐車、車を出すことも難しい場合があります。
また、騒音に関しても対策が必要になる可能性があるでしょう。
トラックなど大型車が近くを通ったときは、音や振動に気になることもあるかもしれません。

●3階建ての家が建てられない場合もある
角地には「斜線制限」を設けるところがあります。
斜線制限とは、建築物の風通しや日当たりのよさを確保するため、各部分の高さに制限を設けることです。
2階建ては大丈夫でも、3階建て不可能というケースもあるので、土地の建築制限について調べておくことも大切です。

まとめ

角地に戸建てを建てる際のメリット・デメリット、注意点について解説してきました。
周辺環境を把握したうえで、しっかりと資金計画して、快適なマイホーム生活を実現しましょう。
福島区・港区・此花区で不動産売却をするなら株式会社日光リアルターへ!
お客様の住まい探しをサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|夢のマイホームを実現させるためのこだわりポイントや注意点とは?   記事一覧   狭小住宅でも後悔しない!狭小住宅の間取り例を把握しておこう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却査定
  • 日光リアルターの売却・買取
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社日光リアルター
    • 〒553-0003
    • 大阪府大阪市福島区福島5丁目15-2
      Yoshikawa.Bild 804
    • 0120-544-443
    • TEL/06-4256-5255
    • FAX/06-4256-5256
    • 大阪府知事 (1) 第61091号
      あいおいニッセイ損害保険代理店
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る