日光リアルター > 株式会社日光リアルターのスタッフブログ記事一覧 > 建築条件付き土地とは?意味とメリットデメリットをご紹介

建築条件付き土地とは?意味とメリットデメリットをご紹介

≪ 前へ|海老江駅周辺にあるランチにおすすめのお店をご紹介!   記事一覧   二世帯住宅における固定資産税を賢く節税する方法とは?|次へ ≫

建築条件付き土地とは?意味とメリットデメリットをご紹介

カテゴリ:不動産ノウハウ

建築条件付き土地とは?意味とメリットデメリットをご紹介

住宅を新築する際、できる限りコストは抑えたいが、部屋の数は決めたいという方におすすめなのが建築条件付き土地です。
建売住宅のひとつですが、土地のみ購入するより比較的安価で販売されています。
では、建築条件付き土地とはなんなのか、意味とメリットデメリット併せて紹介いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

建築条件付き土地とは?建売住宅ではなくその土地を選ぶ意味

土地や建売住宅を見ていると、建築条件付き土地というものがでてきます。
これは一定期間内に、決まった業者で建築をしなくてはならない土地という意味です。
業者の対応範囲内であれば、部屋の数の指定や納戸の設置などができ、すでに建築デザインがされている建売住宅より、比較的自由度の高い売り方となります。
土地自体の価格が建築条件なしの土地より安価なので、土地と住宅建設を別々の会社に発注するよりコストを抑えることができるでしょう。
建築条件付き土地は建築業者が決まっています。
そのため注文住宅のようなデザインの自由はありませんが、部屋数の指定などはできます。
子供部屋がほしい、仕事部屋を作りたいなど、要望がある際は建築条件付き土地を検討してもよいでしょう。
また業者によっては、追加料金でオプションを加えられます。

建築条件付き土地のメリットデメリットとは?要望が多いほど高価

建築条件付き土地のデメリットでまず挙げられるのは、一定の期間内で設計を決定しなくてはいけないところです。
多くは3ヶ月以内に設計しなくてはいけないため、じっくりと決めたい方には向いていません。
しかしこれは短期間で設計確定になるため、短期間で決めたい方にはメリットと言えるのではないでしょうか。
建築条件付き土地は決まった建築業者がいるため、設計者の指定や特殊な要望はできません。
決まっているデザインから選んでいくので、外観や内装にこだわりたいという方にはデメリットでしょう。
注文住宅よりデザインなどの自由度が低く、建売住宅より自分の要望にあった家を建てられると考えてください。
要望が多いとオプションが追加され、むしろ高価になる可能性があるため、内装外装にこだわりたい方は注文住宅のほうがおすすめです。
土地の販売と建設が同じ会社、あるいは関連会社のため、土地と建築を併せて利益を上げればいいことから、建築条件なしの土地よりも安価なのもメリットです。

まとめ

注文住宅のようにこだわり抜くことはできませんが、デザインを決めることが苦手な方には、決まったデザインの中から選ぶため向いています。
また部屋数の指定ができるため、建築業者の対応範囲内であれば、自分の生活スタイルにあった住宅にできます。
土地のコストを抑えたい方は建築条件付き土地がおすすめです。
福島区・港区・此花区で不動産売却をするなら株式会社日光リアルターへ!
お客様の住まい探しをサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|海老江駅周辺にあるランチにおすすめのお店をご紹介!   記事一覧   二世帯住宅における固定資産税を賢く節税する方法とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却査定
  • 日光リアルターの売却・買取
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社日光リアルター
    • 〒553-0003
    • 大阪府大阪市福島区福島5丁目15-2
      Yoshikawa.Bild 804
    • 0120-544-443
    • TEL/06-4256-5255
    • FAX/06-4256-5256
    • 大阪府知事 (1) 第61091号
      あいおいニッセイ損害保険代理店
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る