日光リアルター > 株式会社日光リアルターのスタッフブログ記事一覧 > そのまま売る?更地にして売る?古家の売却の方法

そのまま売る?更地にして売る?古家の売却の方法

≪ 前へ|不動産売却の流れを解説!査定や売却にかかる期間とは   記事一覧   固定資産税だけじゃない?空き家に課せられる税金とは|次へ ≫

そのまま売る?更地にして売る?古家の売却の方法

築年数を経た古家を売ろうとしたとき、そのまま売るか、更地にして売ることになります。

 

それぞれメリット・デメリットがあるので、まずはそのまま売りに出しつつ、解体工事の見積もりも依頼すると良いでしょう。

 

この記事では、古家の売却方法をご案内したいと思います。


古家

 

古家の売却方法①古家つきで売る


1      古家つきで売るメリット

 

古家つきで売るメリットと言えば、高額の解体費用を支払わずに売却できることでしょう。

 

解体費用の相場は、30坪の木造住宅で120万円~150万円と言われているので、大きな支出になります。

 

2      古家つきで売るデメリット

 

解体費用が不要な分、安く売りに出した場合、安く提示している価格から、さらに解体費用分の値引きを買主に要求される場合があります。

 

また、古家に問題があったことが判明した場合、瑕疵担保責任を問われる可能性もあります。

 

古家の売却方法②更地にして売る


1      更地にして売るメリット

 

更地は多目的に土地の活用できるため、買主にアピールしやすいので、売却しやすくなります。

 

100万円前後の解体費用がかかるので、最初から更地にするのはおすすめできませんが、買主が見つからない場合は検討してみると良いでしょう。

 

2      更地にして売るデメリット

 

更地にするためには、100万円前後の解体費用がかかるのに加え、それでも買主が見つからない可能性もあります。

 

また、更地にすると固定資産税が割高になり、維持管理費が増えるので、注意が必要です。

 

古家の売却方法③売却の手順


1      古家をそのままにして売りに出す

 

好立地にある古家の場合、多額の費用をかけて解体しなくても、そのままで買主が見つかる可能性が高くなります。

 

また、立地が良くない場合でも、趣深い古家であれば買主が見つかる可能性があるので、まずはそのまま売りに出してみることをおすすめします。

 

2      解体費用を見積もりして不動産会社と相談する

 

しばらく待っても買主が見つからないようであれば、複数の解体業者に見積もりを作成してもらい、どうするか考えます。

 

1社だけだと適正価格か判断しにくいので、なるべく数社に依頼することをおすすめします。

 

まとめ


以上、古家の売却方法をご紹介しました。

 

それぞれメリット・デメリットがあるので、買主が見つかるかどうか売りに出しながら、更地にするか検討すると無難でしょう。

 

解体業者の見積もりも参考にして、地域の事情に詳しい不動産会社と相談しながら、タイミングを決めることをおすすめします。

 

不動産売買のことなら、私たち株式会社日光リアルターへお任せください。

 

ご相談やお問い合わせなど、お気軽にご連絡くださいませ。

≪ 前へ|不動産売却の流れを解説!査定や売却にかかる期間とは   記事一覧   固定資産税だけじゃない?空き家に課せられる税金とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却査定
  • 日光リアルターの売却・買取
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社日光リアルター
    • 〒553-0003
    • 大阪府大阪市福島区福島5丁目15-2
      Yoshikawa.Bild 804
    • 0120-544-443
    • TEL/06-4256-5255
    • FAX/06-4256-5256
    • 大阪府知事 (1) 第61091号
      あいおいニッセイ損害保険代理店
  • 更新物件情報

    2020-08-09
    港晴4丁目新築戸建の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る